妊活中の方必見!今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド

今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド » 30代女性必見!妊活中から摂るべき葉酸サプリの正しい選び方 » 葉酸と併せて摂りたい栄養素 » ビタミンC

ビタミンC

水溶性ビタミン・ビタミンCについてまとめました。強い抗酸化作用を持つ栄養成分で、卵子の老化を予防し、妊娠力を高めてくれる成分です。妊活中の葉酸サプリ選びには、ビタミンCが配合されているかどうかにも注目しましょう。

ビタミンCの効果・働き

ビタミンCの持つ効果や働きをチェック!

強い抗酸化作用で老化や生活習慣病を予防

ビタミンCは有害な活性酸素を除去する「抗酸化作用」に優れた成分です。細胞が酸化してサビついてしまうのを防いで老化や病気を予防

そのほか、過酸化脂質やニトロソアミン(発がん物質)がつくられるのを抑制し、がんや動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などの発症リスクを抑える効果も期待できます。[注1]

卵子の老化を防いで妊娠しやすい体づくり

活性酸素によって細胞が老化してしまうのは、卵子も例外ではありません。卵子が酸化して衰えると、妊娠力も弱まってしまいます。妊娠しやすい体づくりのためには、活性酸素を除去してくれるビタミンCの摂取が欠かせません。[注2]

コラーゲンの合成に欠かせない成分で美肌効果もアリ

ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す働きもあります。コラーゲンは皮膚や軟骨などの組織の構成、皮膚や骨の強化、そして美肌効果も期待できる成分。美肌をキープするためには、コラーゲンを生成してくれるビタミンCが大切ですよ。[注1]

ビタミンCを多く含む食材とは

ビタミンCを多く含む食材や、食べる際の注意点を確認しましょう。

野菜や果物など。特に旬のものがおすすめ

菜の花や赤ピーマンなどの野菜、柿やイチゴなどの果物に多く含まれています。とくにビタミンCが豊富な菜の花には1/2束(100g)にビタミンC130㎎、柿には1個(200g)にビタミンC127mgが含まれているそうです。また同じ野菜でも、旬の時期の方がビタミンCの含有量が高いので、季節に合わせたものを選ぶと良いでしょう。

ビタミンCは熱や水に弱く、3分以上茹でると半減してしまうと言われています。そのため、料理にかける時間はできるだけ短くしましょう。

ビタミンCが不足したときに起きる症状

ビタミンCが不足した場合に起きる症状を解説します。

疲労感や歯茎からの出血、子どもの場合は発育不良の恐れ

ビタミンCが不足すると、体のだるさといった疲労感が起こります。悪化すると毛細血管がもろくなり、「壊血病」を発症する恐れがあるそう。歯茎からの出血や、肌の下で出血して打撲したときのようなアザが現れます。

また、骨を強化するコラーゲンの生成が正常に行なわれず、子どもの場合は発育不良に陥ってしまうこともあるそうです。

ビタミンCはストレスや喫煙、乱れた食生活などで消費量が高まります。妊娠しやすい体づくりのためには、これらに注意してビタミンCが不足しないようにしましょう。

ビタミンCを過剰摂取したときに起きる症状

※過剰摂取による症状は現在確認されていません。

ビタミンCの1日あたりの食事摂取基準・推奨量

女性

  • 18~29歳…100mg ※妊婦110mg、授乳婦145mg
  • 30~49歳…100mg ※妊婦110mg、授乳婦145mg

男性

  • 18~29歳…100mg
  • 30~49歳…100mg

※厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」のデータを参照しています[注3]

葉酸と併せて摂りたい注目の成分!
DHA・EPAが配合されたおすすめ葉酸サプリをチェック

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選