妊活中の方必見!今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド

今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド » 30代女性必見!妊活中から摂るべき葉酸サプリの正しい選び方 » 安全性

安全性

口にするものに敏感になってしまう妊活中。葉酸サプリも安全性にこだわって選びたいですよね。こちらでは安全な葉酸サプリを見極めるポイントについてまとめました。

あなた自身とこれから授かる子どものために、ぜひ一度読んでみてくださいね。

葉酸サプリの原材料に注意!天然由来+無添加がおすすめ

安心して飲める葉酸サプリを探しているなら、まず着目すべきは「原材料」です。葉酸をはじめ、使われている成分が野菜や果物から抽出した天然由来のものを選ぶと良いでしょう。食事と変わらないので、体に不要な負担がかかりません。

天然由来が一番良い理由とは

成分が野菜エキスや果物エキスなどでなく、そのままの成分名で書かれている場合は注意が必要です。成分名だけで書かれているものは化学合成された栄養成分や石油系の化学物質の可能性が高く、消化・吸収される過程で胎児や母体の臓器に負担をかけてしまうおそれがあります。特に臓器がまだ成長していない胎児は、化学物質の分解がうまくできず体内に溜まってしまうケースも。なるべく合成成分を使ったサプリは避けたほうが良いでしょう。

合成葉酸は体に悪いの?

葉酸には天然葉酸と合成葉酸の2種類があります。合成葉酸だからといって体に悪いわけではありませんが、天然由来の葉酸よりも吸収されやすいため、過剰摂取のリスクが高まることに。葉酸の過剰摂取は生まれてくる子どもの喘息リスクを高めるというデータもあるため、1日1,000μgにならないように摂るのが無難です。サプリメントは食事で足りない栄養を補うためのものなので、過剰摂取になっては本末転倒。必要な分だけ補って健康的に妊活を進めましょう。[注1][注2]

食品添加物は安全?危険?

厚生労働省では食品添加物の毒性試験や食品添加物ごとに添加できる上限値を設定し、安全性を確保しています。そのため、少々添加物が入っていても問題はありません。

しかし、毎日継続して飲むことを考えると少し気になってしまうもの。妊活中~授乳中のデリケートな時期なら尚更です。万が一のリスクや不安を考えると、着色料や保存料、香料といった食品添加物は避けるべき。

赤ちゃんの体を形作る前の大切な時期だからこそ、天然由来かつ無添加のサプリをおすすめします。

[注1]「健康食品」の安全性・有効性情報:妊娠中の食事とサプリメントについて (Ver.101215)

[注2]AERA dot.:妊活中や妊娠中の「葉酸サプリ」その効果とは? 医師が指摘する摂取の注意点

葉酸サプリの製造工場にも注目

口にするものの安全性にこだわっている方でも見落としがちなのが「製造工場の安全性」です。品質管理をしっかり行なっている工場で製造された葉酸サプリかどうか、必ずチェックしましょう。

基準となるのが、cGMPやGMPの基準をクリアした認定工場であるかどうかです。それぞれの認定工場の特徴を解説するので、一度目を通してみてくださいね。

GMP認定工場とは

厚生労働省が定める「健康食品GMPガイドライン」に基づいて、品質を管理している工場のことです。認定は「公益財団法人日本健康・栄養食品協会」または「一般社団法人日本健康食品規格協会」が行なっています。

GMPとはGood Manufacturing Practice(適正製造規範)のことで、製品が「安全」かつ「一定の品質」を維持できるように定められた、製造工程管理基準です。

GMP認定工場では「正しい原材料が正確な量含まれているか」「衛生面に配慮されているか」「一定の品質で設計通りの内容か」といった厳しい品質管理が行なわれています。しかし、一部の管理は任意でも良いとされており、後述のcGMPと比べると少し緩めの基準のようです。[注3]

GMP準拠工場とは違うの?

まったく違います。GMP準拠工場は、必ずしもGMPの認定を受けているわけではありません。GMPのガイドラインを守っている、とメーカーが表記しているだけなのです。

cGMP認定工場とは

アメリカのFDA(食品医薬品局)が定めた健康食品の品質基準です。頭文字のcはcurrentの略で「最新の」「現在の」という意味があります。

cGMPは全過程において徹底した品質管理が必要とされる、国際的にも非常に厳しい基準です。GMPの製造工程ガイドラインが10ページ未満であるのに対して、cGMPのガイドラインは800ページを超えます。認定基準や試験方法にも常に最新のものが適用されており、cGMPの認定を受けるには非常に高いハードルを超えなければならないのです。

アメリカではGMP認定された企業もFDAによるcGMP認定が必須となっており、より厳格な基準で健康食品の安全性を追求しています。[注4]

高い安全性にこだわるならcGMP認定工場が◎

徹底した品質管理のうえに成り立つ高い安全性を求めるなら、cGMP認定工場で製造された葉酸サプリがおすすめです。安全性が気になる時期だからこそ、どういった工場で製造されているか分からないサプリは避けましょう。

[注3]【PDF】公益財団法人 日本健康・栄養食品協会:GMPマークを目印に健康食品を選びましょう!

[注4]【PDF】日本健康食品規格協会:米国cGMPの現状

放射能濃度検査がされているかもチェック

葉酸サプリの原材料や製造工場のほかに確認しておきたいのが「放射能濃度検査の有無」です。毎日安心して継続するために放射能ヨウ素やセシウム検出検査を行ない、「検出なし」の結果を得ているサプリを選びましょう。

大切な時期に毎日飲むものだからこそ、安全性へのこだわりは欠かせません。あなた自身とこれから生まれてくる子どものために、安心して飲める葉酸サプリを選びましょう。次のページで無添加の葉酸サプリを紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

大切な時期に毎日飲むものだから
無添加の葉酸サプリをチェック

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選