妊活中の方必見!今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド

今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド » 妊活・妊娠への影響は?葉酸にまつわる基礎知識 » 葉酸と相性の良い薬、悪い薬とは?

葉酸と相性の良い薬、悪い薬とは?

薬やサプリメントを服用する時に気になる飲み合わせ。ここでは葉酸サプリと併用しても問題ない薬・問題のある薬を理由とともに紹介しています。葉酸サプリを効果的に摂取するためにも、ぜひチェックしてみてください。

葉酸サプリと薬の組み合わせの注意点

葉酸サプリの効果を最大限発揮するために、注意したいのが薬との飲み合わせです。

薬によっては併用しても問題なく、むしろ積極的に併用をすすめている薬もあります。しかし、葉酸サプリと飲み合わせると悪影響を及ぼす薬があるのも事実。葉酸サプリと薬の併用を考えている場合は、しっかりと飲み合わせを確認しましょう。

併用可能な薬

産婦人科で処方される薬には、妊娠中でも飲めるものがいくつかあります。これらの薬は基本的に葉酸サプリと併用しても問題はありません。

その他に風邪薬や抗インフルエンザ剤、便秘薬も基本的には併用OK。

ここではそれらの薬をなぜ併用しても大丈夫なのか解説しています。理由を知らないまま併用すると副作用を引き起こす可能性もあるので、正しい知識をしっかりと覚えましょう。

風邪薬

風邪を引いた時に処方されることが多いPL顆粒。PL顆粒はサリチルアミド・アセトアミノフェン・プロメタジン・カフェインという4つの成分からできています。葉酸との相互作用を持つ成分が入っていないため、併用しても問題ありません。

抗インフルエンザ剤

抗インフルエンザ剤の代表とされるタミフルやリレンザ。併用が禁止されている薬剤・サプリメントがないため、これらの薬と葉酸サプリを併用しても問題はありません。ただし、妊娠中は原則タミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ剤を服用できません。もし妊娠中にインフルエンザになった場合は、医師の指示に従い安静にして回復を待ちましょう。[注1]

便秘薬

妊娠をきっかけに便秘になる人もいますが、その場合は腸に刺激を与えにくい酸化マグネシウムを使った薬が処方されます。

酸化マグネシウムは葉酸と一緒に摂っても互いに影響を与えないため、併用しても問題ありません。

ただしカルシウムとの併用は腎機能が低下するミルクアルカリ症候群を引き起こすリスクを高めるため、カルシウム入りの葉酸サプリと併用する際は気を付けましょう。[注2]

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選を詳しく紹介!

併用を避けたい薬

葉酸サプリには併用可能な薬だけではなく、飲み合わせを避けるべき薬があります。

特に解熱鎮痛剤や睡眠薬、抗てんかん薬、経口避妊薬は併用しないほうが良いでしょう。主な薬品名と飲み合わせが悪い理由を解説しているので、すでに併用している薬があるか照らし合わせながら、チェックしてみてください。

解熱鎮痛剤

解熱鎮痛剤の多くに配合されているアスピリンは、葉酸の活動を抑え、作用を減らすとされています。そのため、葉酸サプリと一緒に解熱鎮痛剤を飲んでしまうと、葉酸の働きを十分に活かせません。大きな副作用があるわけではないのですが、併用は避けた方が賢明です。

睡眠薬

不眠症の治療時に処方される睡眠薬バルビツールは、葉酸還元酵素の働きを弱めてしまう特徴があります。葉酸還元酵素は体内で葉酸の働きを高めるために必要な酵素です。

そのため、バルビツールと葉酸サプリを一緒に飲んでしまうと、せっかく葉酸を摂取しても葉酸の効果を効率よく得られなくなります。副作用などはありませんが、妊活目的で葉酸を摂取するなら控えたほうが良いでしょう。

抗てんかん薬

てんかん治療薬に配合されているフェニトインやバルプロ酸は葉酸を使って効果を発揮するので、血液の葉酸量を減らしてしまうことがあります。

また、フェニトインに関しては、葉酸と一緒に摂取することで排出が促されるため、薬の効果が弱まってしまうことも。妊活を優先するあまりに発作が起きてしまっては元も子もないので、葉酸サプリとの併用は避けるのが無難です。[注3]

経口避妊薬

避妊薬として有名な薬「ピル」。ピルは生理周期を安定させ、生理痛を和らげてくれますが、葉酸と併用すると薬の成分が腸で吸収されにくくなってしまいます。

ピルを止めた後すぐは葉酸不足になりがち。そのため、ピルをやめてすぐに妊娠した場合には、葉酸が胎児の脳や脊髄の成長をサポートすることができず、神経管閉鎖障害のリスクが高くなることもあります。ピルによって葉酸の吸収が邪魔されると妊活にも影響が出るので、飲む時期をずらしましょう。

[注1]中外製薬:タミフルカプセル75FAQ

[注2]福岡県薬剤師会:質疑応答

[注3]愛知県薬剤師会:医薬品との併用に注意のいる健康食品

葉酸サプリと薬を併用する場合の注意点

葉酸サプリと飲み合わせが悪い薬だったとしても、飲む時間帯をずらすことで、葉酸サプリの服用を止めずに済みます。

薬やサプリメントは、4時間以上経つと吸収後に排出されることが分かっています。この性質を利用し、薬の服用後4時間以上を空けてからサプリメントを飲めば問題ないでしょう。

ただし、自己判断は危険ですので、医師や薬剤師と相談したうえで飲んでください。

また、葉酸サプリに含まれている葉酸以外の成分によっては、飲み合わせてはいけないものもあります。サプリを選ぶ際には、他にどんな成分が配合されているかチェックが必要です。

排卵誘発剤クロミッドと葉酸サプリの飲み合わせ

排卵を促して妊娠をサポートしてくれるクロミッドは、葉酸と組み合わせて飲むにとくに大きい問題はありません。

むしろ妊娠する前に葉酸サプリを摂取することは、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを下げることができるので、積極的に摂取しておきたい成分です。

しかし、注意しておきたい点として「葉酸サプリなら何でもOKではないと言うこと」。葉酸サプリには葉酸以外の成分も含有されていることがあり、なかでもプラセンタは避けるべき成分です。

プラセンタと葉酸の併用は胎児の過剰成長やアレルギーのおそれがあります。安全性に関してのデータも少ないため、体のことを考えて控えるべきでしょう。

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選