妊活中の方必見!今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド

今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド » 葉酸に関する論文・ニュース

葉酸に関する論文・ニュース

赤ちゃんの成長を助け、女性の健康を支える葉酸について、国内外の学会や専門誌などから信頼性の高い情報をまとめました。何も考えずに葉酸を摂ることは、逆に妊活に悪い影響を与えることになりかねません。

どうして葉酸が妊活に良いのか、効率の良い摂り方はあるのかなど、妊活中の女性が知っておくべきニュースを紹介します。

厚生労働省の見解

胎児が健やかに育つために、妊活時から摂るのが良いといわれる葉酸。実は国の機関である厚生労働省でも、妊活中の女性、または妊娠初期の女性に対して葉酸の摂取をすすめています。

1日400μgの葉酸摂取を推奨

厚生労働省では、妊娠初期に葉酸が足りなくなると胎児の神経管閉鎖障害が起こりやすくなることから、1日400μgの葉酸を摂るようすすめています。そのため、妊活を計画している方や妊娠している可能性がある方は、食事と葉酸補助食品から十分な量の葉酸を摂取することが大切なのです。

『近年の多くの研究から、妊娠初期における葉酸摂取の不足により胎児における神経管閉鎖障害(NTD: neural tube defects)の発症率が高まることが明らかにされました。(中略)日本でも2000年に厚生労働省から神経管閉鎖障害のリスク低減のために妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取するよう通知が出されました。』
引用元:e-ヘルスネット(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-002.html)

ただし葉酸の摂取量には上限があり、過剰摂取による健康被害も報告されています。そのため、摂取する際は上限量を確認し、超えないように摂りましょう。

葉酸はサプリメントで摂るのがいちばん効率的?

葉酸は食事およびサプリメントから摂取できますが、最も効率が良いのはサプリメントでの摂取だと考えられています。食事には葉酸以外の成分も含まれていて、1日に必要な量を満たすとなると他の栄養も過剰に摂ることに。しかも葉酸は水溶性ビタミンで、使わない分は毎日排出されてしまいます。そのため、食事だけで毎日十分な量の葉酸を摂ることは困難なのです。

その点、サプリメントは葉酸のみ、もしくは妊活を助ける成分だけを配合しているので、必要な栄養をしっかり摂取できます。吸収率も食事に比べて高く、手軽に摂れるのも妊活中の女性にとって嬉しいポイントでしょう。

葉酸を効率良く摂るとこんな効果が得られます

葉酸には胎児の神経管欠損予防、骨や血管などさまざまな部位の疾病予防などの効果があるとされ、複数の医師がその効果について述べています。

『神経管欠損(二分脊椎、脊髄髄膜瘤、脳瘤、無脳症など)の発症は多因子によるものとされ、その発症は一定量の葉酸摂取のみで必ずしも予防できるわけではありません。 しかしながら葉酸摂取により、集団としてみた場合は発症のリスクが50~70%低減される可能性があります。』
引用元:葉酸 | 医療法人社団 鈴峰今中医院(http://kawamura.gr.jp/app-def/S-102/wordpress/?faq=葉酸)

『葉酸入りビタミン剤の長期服用は高血圧、大腸癌、乳癌の発症抑制の可能性が指摘されている。高ホモシスティン血症は血栓症、心筋梗塞、痴呆、鬱血性心不全、骨粗鬆症性骨折等の危険因子であるが、葉酸強化食品の摂取は中高年の血中ホモシスティン濃度を低下させる。したがって、葉酸サプリメント服用はこれら疾病予防に効果が期待できる。(水上尚典氏)』
引用元:【PDF】葉酸摂取のすすめ(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcam/6/2/6_2_53/_pdf/-char/ja)

多くの効果が得られることから、妊活中から摂っておくのが良いという医師もいるようです。うまく活用して、元気な赤ちゃんを授かれる体づくりをしましょう。

『いずれにしても妊活中は葉酸サプリメントを飲んだ方が良いですし、希望があれば、男性が葉酸サプリメントを飲んでも構わないと思います。』
引用元:ちょっとだけ医見手帖(森田麻里子医師)|AERA.dot(https://dot.asahi.com/dot/2018091800008.html?page=2)

葉酸に関する論文やニュースをわかりやすく解説!

ニュース1:胎児の神経管閉鎖障害リスクを下げる葉酸

葉酸を摂取することで、妊娠中に胎児の神経管がつくられなくなる障害の予防効果が得られます。この効果は国内外の研究で報告されており、葉酸が赤ちゃんの健康を保つために欠かせないこと、継続して摂り続けることの重要性がわかりました。

赤ちゃんの神経は妊娠初期から作られ始めるため、妊活中からしっかり葉酸を摂取しておくのが良いでしょう。神経管閉鎖障害と葉酸の関係、妊活中にどのくらい必要なのかを述べた論文とその解説をチェックしておきましょう。

葉酸と神経管閉鎖障害についてくわしい情報をチェック

ニュース2:妊娠中の貧血は葉酸摂取で防げる?

妊娠中は食事から吸収した栄養を胎児にも分けるため、いつもと同じ食生活を続けていると体に不調が現れる可能性も。その中でも引き起こされやすい症状が貧血です。赤ちゃんができると二人分の鉄分が必要になり、貧血に陥ってしまいがち。

その改善策として、造血機能に関わる葉酸を摂取することが推奨されています。その効果は論文やニュースでも述べられており、症状の改善に役立つことが示されました。妊活中で貧血に悩んでいる方は、論文・ニュースの解説などをもとに、貧血に関する葉酸の働きを知っておくと良いでしょう。

葉酸と貧血の関係についてくわしい情報をチェック

ニュース3:早産・流産を防ぐカギは葉酸の摂取期間にあった

近年、葉酸による早産・流産を防ぐ働きが発表されています。早産や流産の多くは神経管や脊髄の障害が原因となっており、赤ちゃんの体がうまくつくられずにそのまま亡くなってしまうケースが見られます。

研究やニュースでは葉酸を摂ることで、胎児の障害発症リスクを下げられると報告。妊活中から葉酸をしっかり摂取することをすすめています。なぜ葉酸が早産・流産のリスクを下げるのか知っておくと、将来妊娠したときの不安や心配を減らせるでしょう。妊活中の女性・元気な赤ちゃんを産みたい女性は必見です。

葉酸と早産・流産の関係についてくわしい情報をチェック

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選