妊活中の方必見!今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド

今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド » 葉酸に関する論文・ニュース » 妊娠中の貧血は葉酸摂取で防げる?

妊娠中の貧血は葉酸摂取で防げる?

葉酸は血液をつくるサポート役として、ビタミンB12と併せて摂ることが望ましい成分です。ここでは貧血との関係をまとめた論文を解説し、まとめています。

妊娠中の貧血を防ぐには葉酸をはじめとするビタミンの摂取が大切

貧血には鉄・葉酸が不足する、赤血球が壊れやすくなるなどさまざまな要因があります。特に妊娠中は血液をつくる機会が増えるため、鉄や葉酸、ビタミンB12など血液のもとになる成分が必要です。

しかし現代では鉄や葉酸が不足しがちな人が多く、貧血が起こりやすい状態。そのため、妊活中から貧血を起こす方も多くなっています。元気な赤ちゃんを産むためにも、鉄分や葉酸は毎日しっかり摂取することが大切です。

葉酸と貧血の関係とは?論文と解説をまとめました

The role of vitamins in the prevention and control of anaemia.(貧血の予防とコントロールにおけるビタミンの役割)

『目的:鉄分欠乏は栄養貧血の主要原因と考えられているが、ビタミンA、B12、CおよびE、葉酸およびリボフラビンの状態の変化も、その発生および制御に関連している。(中略) 結果:ビタミンAは、血液学的指標を改善し、鉄補給の有効性を高めることができる。葉酸とビタミンB12の両方が治癒し、巨赤芽球性貧血を予防することが可能。(訳)』
引用元:The role of vitamins in the prevention and control of anaemia.(https://www.cambridge.org/core/journals/public-health-nutrition/article/role-of-vitamins-in-the-prevention-and-control-of-anaemia/56893B7153231DAF42056C35739D9221)

解説

Fishman SMらは、貧血の原因が鉄分不足だけでなく体内のビタミンやリボフラビンの変化にも左右されると考え、これまでの研究や論文から貧血の原因や改善に役立つ成分に関して発表しました。

論文では、ビタミンAが鉄分の吸収を高めること、ビタミンB12と葉酸によって赤血球がうまくつくられない巨赤芽球性貧血の症状を改善できることが明らかになっています。また、ビタミンB6も子宮芽球性貧血の治療に有効だと報告されました。

ただし妊娠中に良いといわれるビタミンCやビタミンEに関しては、貧血の予防効果を示したデータが少ないことから、貧血の改善に効果があるかはくわしくわかっていません。

今すぐ摂りたい!
ビタミンB12も配合されている『葉酸サプリ5選』

Anemia in Pregnancy.(妊娠中の貧血)

『貧血は、妊娠中に最も一般的に遭遇する医学的障害の1つである。発展途上国では、母親と胎児に対する他の多くの有害な影響に加えて、著しく高い妊産婦死亡率に寄与するという重大な懸念がある。世界保健機関(WHO)の推定によると、発展途上国に住む全女性の56%が貧血である。インドで行われた1998年〜99年の家族健康調査は、農村部の女性の54%、都市部の女性の46%が貧血であることを示している。(中略)ほとんどの女性が貧血や低鉄分で妊娠を始めるが、予防は妊娠前よりも早く始めるべきである。現在、インド政府の保健省は、少なくとも妊娠して100日間は100mgの鉄と500mgの葉酸を摂取することを推奨している。(訳)』
引用元:Anemia in Pregnancy. JIMSA,October-December,2010,Vol.23 No.4(http://medind.nic.in/jav/t10/i4/javt10i4p253.pdf)

解説

貧血は妊娠中に起こりやすい疾患であり、発展途上国では妊婦と赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼすだけでなく、出産前後の死亡率を高めるリスクがあるといわれています。

研究では、インドの女性を対象に健康調査を行い、農村部で56%、都市部で46%の女性が貧血を患っていることを報告。J.B.Sharmaらはほとんどの女性が貧血や鉄分不足の状態であることを危惧し、妊娠前から十分な栄養を摂ることを提案しています。

インドの保健省では、少なくとも妊娠前~妊娠後100日は100mgの鉄分と500mgの葉酸摂取をすすめ、健康な赤ちゃんを産めるような取り組みを行っているとのことです。

妊娠中の貧血を避けるために

貧血予防には、鉄や葉酸だけを摂ればいいというものではありません。鉄分は過剰摂取すると逆に不調をまねきますし、葉酸はビタミンB12やビタミンB6などを合わせて摂取しないと血液を効率良くつくれないのです。ですが食事で多くの栄養を摂ろうとすると、大量に食べなくてはいけません。そうすると摂取カロリーも増えて、肥満や胃酸過多など別の健康リスクを高めることになります。

必要な栄養を補うには、食事とサプリメントを併用するのが一番です。サプリメントは葉酸や鉄などの成分だけを配合しているので、カロリーや栄養の過剰摂取になることがありません。最近では鉄や各種ビタミンを配合している葉酸サプリも多いため、妊活中の貧血予防に活用してみるのも良いでしょう。

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選を詳しく紹介!

監修医師

オリーブレディースクリニック麻布十番

院長 山中智哉先生

このページの記事は、10年以上に渡る不妊治療のキャリアがある山中智哉先生にご監修いただいています。葉酸不足が原因で妊娠中に起こる病気や症状について、他のページも併せてぜひご確認ください。

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選