妊活中の方必見!今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド

今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド » 30代妊活女性は要チェック!葉酸不足が原因で妊娠中に起こる病気や症状 » 切迫早産

切迫早産

このページでは、妊娠22週~36週の間に赤ちゃんが産まれてしまう早産の一歩手前「切迫早産」の原因や症状、治療法などをまとめています。

切迫早産とは?

切迫早産とは、妊娠22~36週の間に子宮収縮が起こったり、子宮口が開いたりして出産予定日より早めに破水し、羊水が外に漏れてしまっている状態を指します。

破水や羊水が漏れることは本来であれば37週以降に起こります。早産の一歩手前である切迫早産と診断されると、安全に産める期間(正期産)に入るまで安静にすることを医師から指示されます。そして薬を投与され早産になるのを防ぎます。ちょっとでも体に違和感を感じたら、すぐに医療機関で相談しましょう。

切迫早産の原因

切迫早産になってしまう大きな原因は、母体の「身体的な問題」「精神的なストレス」「お腹のなかの赤ちゃんの状態」などいくつか原因があげられます。

なかでも代表的なのが、前期破水。前期破水の原因としては絨毛膜用膜炎の関与が大きいとされているのです。生殖器の細菌感染による炎症が切迫早産を引き起こす原因とされています。

母体側の原因

切迫早産になってしまう母体側の原因は、いくつかありますが代表的な原因は以下の通りです。

  • 子宮頸管無力症、子宮筋腫や子宮奇形など子宮そのものに異常がある場合
  • 妊娠高血圧症候群
  • 心臓病、腎臓病、糖尿病などの合併症がある場合
  • 疲労
  • 精神的なストレス

などがあげられます。

また、細菌性膣症から絨毛羊膜炎を引き起こす場合もあり、原因不明とされてきた切迫早産の多くは、この絨毛羊膜炎が原因だということがわかっています。

胎児側の原因

切迫早産の胎児側の原因としては、

  • 胎児機能不全
  • 羊水過多、羊水過少
  • 双子以上多胎妊娠
  • 胎児奇形(胎児形態異常)

があげられます。

胎児機能不全は、お腹のなかの胎児が低酸素状態になり、胎児の臓器機能が低下し元気がなくなる状態です。

羊水過多になると子宮筋が引き伸ばされ子宮収縮が起こりやすくなります。羊水過少は、胎児の元気がなくなっていきます。

多胎妊娠の場合、胎児がお腹の中で大きくなるにつれて、子宮収縮が起こりやすくなります。

胎児奇形で、胎児に異常がある場合、子宮収縮が起こりやすくなります。

切迫早産の主な症状

切迫早産の代表的な症状には、

  • お腹の張りや下腹部の痛み
  • 出血
  • 破水

があげられます。

妊娠後期になるとお腹が張ることは多くなりますし、妊婦さんによっても張り具合は異なります。しかし、いつもよりお腹の張りが強かったり、30分異常も張りが続く場合は、すぐに医師へ相談しましょう。

また、出産が近づくと「おしるし」と言われる出血が起こるのですが、「おしるし」と言われるのは妊娠37週以降の正期産に入ってから。

妊娠37週未満で出血があった場合は、たとえ少量でも必ず医師に相談しましょう。

破水は陣痛の前後におこるので、破水した際は、出産が近づいている証拠です。

妊娠後期は、子宮が膀胱を圧迫するため、尿漏れを起こすことがあり、破水しても尿漏れだと勘違いしてしまいがち。その逆のパターンもあります。

  • 水のようにサラサラしている
  • 無色でにおいがしない
  • いきまなくても漏れる

上記にあてはまる場合は、破水の可能性が高いので、医師にすぐ相談しましょう。

切迫早産の治療方法

切迫早産と診断されると、お腹の張りを和らげるために薬や点滴を投与されます

切迫早産の際によく使われている薬が「ウメテリン」で、子宮収縮を抑える作用があります。副作用としては、ウメテリンが交感神経を刺激するので、手が震えたり、心臓がドキドキしたりします。

症状が軽い場合は、錠剤タイプ、緊急性がある場合は点滴が投与されます。

重度の切迫早産ではなく、日常生活の制限で早産が避けられると診断された場合は、自宅で安静するように言われますの。その際は、家事全般や仕事などは周りのサポートを受けて休むようにしましょう。

切迫早産の予防方法

切迫早産の原因は母体の持病や、お腹の赤ちゃんの状態などやむを得ない部分もありますが、日々の生活で気を付ければ予防に繋がることも多くあります。

  • 妊婦健診を必ず受けること
  • 重い荷物を持たないこと
  • ストレスや疲れをためないこと
  • 冷えを防ぐこと

に注意しましょう。

また、体に必要に必要な栄養成分をバランスよく摂ることも大切です。

血液中のホモシステインという物質が、流産や早産のリスクを高めるといわれています。

妊活・妊娠中に摂っている人も多い葉酸に加えて、ビタミン6・ビタミンB12も併せて摂ることで、ホモシステインを代謝させ減らしてくれる作用があります。その他、ビタミンCは、葉酸を活性化してくれるので、ビタミンCも一緒に摂りましょう。

切迫早産のリスクを少しでも減らすために、葉酸サプリの摂取がおすすめです。毎日継続して必要な栄養素を摂取できるので、

  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC

が入っている葉酸サプリを選ぶと良いでしょう。

葉酸サプリの中には、合成添加物を使用しているものもあります。合成添加物は栄養バランスを崩す恐れがあるので、なるべく合成添加物不使用の無添加葉酸サプリを選ぶようにしましょう。

安心して摂取できる無添加葉酸サプリをチェックする

監修医師

オリーブレディースクリニック麻布十番

院長 山中智哉先生

このページの記事は、10年以上に渡る不妊治療のキャリアがある山中智哉先生にご監修いただいています。葉酸不足が原因で妊娠中に起こる病気や症状について、他のページも併せてご確認ください。

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選

今すぐ摂りたい成分がぎゅっ!葉酸サプリ5選